1 2 7

とくしまマラソン救護体制

とくしまマラソン救護部では、安全・安心なマラソン大会環境を準備提供することを使命としています。
救命処置を重視した体制で運営し、競技中の傷病に対しては応急処置のみ実施いたします。
そのため、救護所や巡回中の救護スタッフはスプレー等によるアイシングやマッサージは行いません。
必要な方は個人でのミニスプレー等の携帯にご協力ください。
健康管理はランナー各自の責任において十分に行い、当日体調が優れない場合は、勇気を持って辞退してください。
競技中はどのような事故が起こるかわかりません。救急搬送の可能性は誰にでもあります。
万が一の事態に備えて、保険証のコピーを携帯するとともにナンバーカードの裏側に必ずお名前と緊急連絡先を記載してください。


・救護所

スタート地点・フィニッシュ会場・コース上6箇所の計8箇所に救護所を設けています。
救護所では医師と看護師が待機し、怪我や体調不良への応急処置を行うほか、必要に応じて病院への搬送を行います。

・保健チーム

スタート地点・コース上10箇所の計11箇所に保健チームを設けています。
保健チームでは保健師が待機し、健康相談を行うほか、体調不良への応急処置を行います。

・AEDモバイル隊

コース上を巡回するAEDモバイル隊がいち早く現場へ駆けつけます。
コース上を自転車や徒歩で移動しながらランナーの様子を見守り、傷病者への対応を行います。
緊急時にはAEDモバイル隊へご連絡ください。

・救急サポートランナー

医師や看護師、救急救命士などが救急サポートランナーとしてレースに参加しています。
医師や看護師、救急救命士などが専用のゼッケンを付けて、救急サポートランナーとして走りながらサポートを行います。
体調のことで気になることがある場合などにお声がけください。


救護部からのお願い

日頃から体調管理に努めていても、当日どのようなことが起こるかはわかりません。
参加を中止したり、リタイアすることも重要です。
また救護所や保健チームは給水やアイシングを行う場所ではありませんので予めご了承ください。
ランナーのみなさまにとって安全・安心なとくしまマラソンの実現のため、みなさまのご協力をお願いいたします。
さらに緊急時においては、レース中であってもコース内に緊急車両を走行させる場合がございます。
ランナーの方は、係員の指示に従い、一時停止等のご協力をお願いいたします。

<お問い合わせ先> とくしまマラソン実行委員会 〒770-8570 徳島県徳島市万代町1-1 徳島県にぎわいづくり課内
TEL:088-621-2150 10:00~17:00(土、日、祝を除く) FAX:088-621-2837 MAIL:hashiru_ahoo@circus.ocn.ne.jp