English Page
中文(繁体字)

とくしまマラソン2016

トップページへ

コース紹介

大きな地図はコチラ

①眉山

コース情報

古くは万葉集にも詠まれた眉山は、どの方向から見ても「眉」の形をしていることから眉山(びざん)と呼ばれ、徳島市のシンボルとして親しまれています。
標高は290m、晴れ渡った日には、阿讃山脈、瀬戸内海、紀州の山々まで望むことができ、また、四国一ともいわれる夜景スポットとして知られています。
見通しが良ければ、コースのどの場所からでも見ることができる眉山。
ランナーをスタートからゴールまで見守ってくれる、とくしまマラソンのシンボルにもなっています。
(参考:阿波ナビ)

②吉野川大橋

コース情報

スタートから約2.5km地点、市街地を抜けていよいよ四国三郎吉野川へ。
関西方面からの徳島への玄関口、鳴門へ続く吉野川大橋に出ます。
吉野川大橋は片側3車線、橋が2本、平行しており、これらをまとめて吉野川大橋と呼びます。
橋から見える壮大な吉野川の景色は、全てのランナーを開放的な気分にさせます。
(参考:徳島市HP)

③吉野川橋

コース情報

吉野川沿いを走りはじめて約3㎞、土手を下り吉野川のすぐ脇を走る箇所には、吉野川橋が架かっています。
吉野川橋の全長は1071m、完成は昭和3年で、眉山を背景にコンポーズブルーで塗られた17連曲弦ワーレントラス橋です。
架橋80余年を経た現在も補修しながら幹線道路として徳島のシンボルにもなっています。
架橋当時は、東洋一の橋として全国から見学者が絶えなかったそうです。
吉野川橋の前身は、豊川仲太郎が30数年間守りとおした木製の賃取橋で、彼の功績と苦労を讃えた石碑「豊川翁の碑」が建っています。
2015大会では、橋の東西に分かれて、オカリナ演奏や吹奏楽演奏がランナーを勇気づけてくれました。
(参考:徳島県HP)

④吉野川橋りょう

コース情報

吉野川沿いを走り、スタートから訳8.4km、吉野川橋りょうが見えてきます。
徳島県は、日本で唯一電車が通常運転されていない都道府県です。
ときどきランナーの頭上を走る「汽車」の音を体感してみてください。
(参考:徳島県HP)

⑤藍の館

コース情報

名田橋と六条大橋の間、コースからは少し離れた所にある藍の館は、藍商を営んでいた奥村家の旧屋敷を利用し、藍に関する展示や藍染体験ができる観光施設です。
JAPAN BLUEとして世界に知られる深く鮮やかな日本の藍。
年月を経るごとに、深みのある色に変わる藍染めは、鮮やかな色の変化を楽しめる染物です。
藍染め体験では、全工程約20分で自分だけのオリジナルハンカチなどを染めることができます。
同じものは一つとして無い藍の染物は、徳島のお土産としても大変喜ばれています。
徳島に来県するならぜひ、伝統の藍文化をぜひ体感し、オリジナルの藍染グッズを手に入れてみてください。
(参考:藍の館HP)

⑥第十樋門

コース情報

徐々に身体が温まり、ペースがつかめてくる約16km地点にあるのは第十樋門です。第十樋門は、住民投票で全国的に有名になった第十堰の1kmほど上流の北岸にあり、吉野川と旧吉野川の分岐点に大正12年に設置された樋門で、下流地域への流水量調節と河川維持用水という大切な役割をになっています。
樋門とともに、横にある水尺小屋も時代の風格を感じさせます。
完成当初は、日本一の樋門として吉野川の名所となり、多くの見物客が訪れました。
現在、車両は交互通行になっており、道幅が狭くなっているので、注意して走りましょう。
(参考:阿波ナビHP)

⑦高瀬橋

コース情報

スタートから約18.8km、コースから吉野川を望むと高瀬橋が架かっています。
高瀬橋は吉野川に現存する8橋の潜水橋の中で、最長(522m)で最も東の河口側に位置しています。
潜水橋とは、洪水時には川の中に沈下する安価な工法で作った橋のことで、一般的には沈下橋と呼ばれますが、徳島では潜水橋と呼ばれています。
高知県四万十川の沈下橋が有名ですが、徳島県にも数多くの潜水橋が残されています。
現在でも車両通行が多く、橋の手前で向こう側から車両が来ていないか確認してから、渡り始めます。
全国的にも数が減ってきている風情たっぷりの潜水橋を見下ろしながら、ハーフ地点を通過します。
(参考:徳島県HP)

⑧西条大橋

コース情報

吉野川沿いのコース折り返し地点を過ぎた所にかかる西条大橋は平成16年に完成したアーチ橋です。
阿波市吉野町と吉野川市鴨島町を結ぶため架けられた橋で、南岸のくしを思わせる大きな白いアーチが特徴です。
元々は一条南潜水橋がありましたが、幅3.6mと狭小で車両対向が困難で、洪水時に冠水により通行止めになるなどの理由から現在の西条大橋に架け替えられました。
ハーフ地点を過ぎ、徐々にきつくなるポイントですが、もう一踏ん張り頑張りましょう!
2015大会では、南北両岸で阿波おどりや太鼓演奏など地元住民の方の応援がランナーを元気付けました。
(参考:徳島県HP)

⑨第十堰

コース情報

30㎞過ぎ、コースから吉野川を見下ろすと第十堰が見えてきます。
第十堰は吉野川河口から約14km上流、石井町と上板町の間に位置する固定堰です。
吉野川を長さ1000m、幅30mの石積みでせき止めており、満潮時にはここまで海水が入ってくる汽水域となっています。
江戸時代中期に農業用水確保のために造られたもので、昭和40年代にコンクリート補強がなされ、現在に至っています。
現在でも川に敷き詰められた青石や松杭が往時を偲ばせます。30㎞を少し越えたあたりで、足の痛みも増してくる地点です。
エイドステーションの飲料や給食などで疲労回復を図りながら、ゴールを目指しましょう!
(参考:石井町HP)

吉野川に架かる橋についてもっと知りたい人はこちら

<お問い合わせ先> とくしまマラソン実行委員会 〒770-8570 徳島県徳島市万代町1-1 徳島県にぎわいづくり課内
TEL:088-621-2150 10:00~17:00(土、日、祝を除く) FAX:088-621-2837 MAIL:hashiru_ahoo@circus.ocn.ne.jp